aorld NPO法人 あーるど

私的契約サービス等

あーるどでは、地域のニーズや問題に対して法定の福祉サービスでは対応できない場合でも、独自の事業を展開し改善を図るよう努力しています。

福祉教育事業

障がいの問題は周囲の環境との問題でもあります。下記のような福祉教育事業を通じて、周囲の方の理解を促すと同時に、困難さを抱えた人たちに対する社会やチームのあり方を学んで頂きます。

テーマ(例) 内容
①周囲の保護者さん、中学生以上向け 障がいの理解 講演(90分)を通して、障がいとはなんなのかを学んでいただきます。
障がいを持つ子どもの気持ち体験 ワークショップ(2時間程度)を通じて、どのように関わればよいのかを学んでいただきます。
当事者の想い 発達障がいをもつ当事者の方の体験談を聞き、どのように関わればよいのかを学んで頂きます。
②小学生向け(一部保護者も同伴) おじいちゃん、おばあちゃんを喜ばせよう! 老人ホームのご老人と接する体験を通じて、いたわりの気持ちを学んでいただきます。
みんなでひとつ! 1つのチームとして、障がいのあるお友達を支えながら、ミッションの達成を目指します。
おやこの絆を確認しよう! 非日常の体験を通じて、子どもへの愛情をストレートに伝えられるような機会をつくります。