aorld NPO法人 あーるど

びーた支援センター

私たちは、発達障がいを持つ子どもたちが地域の中で安心して健やかに成長できるよう、24時間365日、専門性を持って支え続けます。それが「VITA(人生、生活)」という、教育支援のかたち。

どんなサポート体制があるの?

お子さんそれぞれの特徴に合わせた環境を設定し、効果的な学習を促したり生活に必要な能力を身につけられるよう教育支援を行っています。また、お子さんが大人になるまで保護者の方が安心して子育てに専念できるように、少しでも心にゆとりをもってお子さんと接することができるように、24時間365日あらゆる方面から子育てを支援いたします。

発達の支援、放課後の居場所支援、外出時の付き添い支援、緊急時預かり支援、家庭支援・子育て支援

児童発達支援事業 【びーた支援センター】

児童発達支援事業では、就学前の発達障がいを持つお子さんを対象に発達支援をおこなっています。特に、決められたスケジュールに沿って活動していくことは家庭生活の中で見通しをもって過ごすための手がかりになります。これは就学後の学校生活や将来の生活の基盤となる重要な能力と考えており、個々に合わせたカリキュラムを設定し分かるように伝えるようにしています。お子さんの将来の自立に向けて、できることをひとつずつ増やせるよう、専門的な支援に取り組んでいます。また、通っている保育園や幼稚園とも連携し、一貫した支援を目指しています。

  • 課題学習イメージ
    【課題学習】
    お子さんの特徴や発達段階に合った手作り教材で、色の概念や、数の概念、形、名前、カテゴリーなどたくさんのことを学びます。
  • 【PECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)の練習イメージ
    【PECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)の練習】
    言葉が出ていないお子さんでも、絵カードを使って文章をつくり、相手に意思を伝えます。相手に気持ちを伝える喜びを培うと同時に、文章を構成する力などを身につけます。
  • 集団活動イメージ
    集団活動
    先の見通しが持てる環境で、安心しながら集団活動に参加する力を養います。

家庭支援(行動援護・家庭連携加算・相談)

お子さんの家庭での過ごし方に不安のある場合、職員が家庭までお伺いし、環境面の調整のアドバイスをしたり、一部直接本人に支援を行う事も可能です。行動面のトラブルはできるだけ初期の段階で適切な介入をすることで、沈静化したり悪化を防ぐ事が可能です。

支援計画書

以下 成人期支援 共通のサービス

指定相談支援事業

障がいがあっても地域で安心して暮らし続けられるように、相談支援専門員が無料で相談に応じ、サービス等利用計画書を作成いたします。

(例)
・福祉サービスを利用したいけど、手続きや内容がわからない
・施設や病院を出て、グループホームで暮らしたい
・ひとり暮らしをしているが、毎日の生活が不安 等

居宅介護・行動援護・移動支援

家庭やグループホームにお伺いしての身体介護や家事援助、外出支援や余暇活動支援等を行っています。

共同生活援助(グループホーム)

障がいをお持ちの方が、数名で世話人さんの援助(食事の提供、身の回りなどの家事支援)や支援員による介護(入浴や食事、服薬などの身体介護)を受けながら、少人数で共同生活をする場所です。

食事サービスあり、個室、支援員による介助

施設情報

びーた支援センター

びーた支援センター

037−0069
青森県五所川原市若葉3-4-3
TEL/FAX 0173-33-0279

この建物は日本財団の助成により整備されたものです。日本財団ロゴ